近年、イノベーション創出の主役である企業や大学に対して、社会的期待が益々高まっています。

 イノベーションの核となる研究成果を社会還元するためには、研究成果を知的財産として適切に管理・活用することが必要です。しかし「人材・予算・体制」を適切に運用し、バランスのとれた知的財産マネジメントを実現することは、中小企業や大学にとって大きな課題です。

 知的財産マネジメントの専門性と経験を備えた人材の確保は容易なことではありません。そのような人材を確保して機能的な体制を構築したくても、費用対効果の観点から優先度を下げざるを得ない中小企業や大学は少なくありません。

 また、知的財産の「取得」が目的となり、取得後の「活用」まで意識されていないケースが多数存在します。知的財産の利点を実感できないため、予算を投入しづらく「現状維持」に陥りがちです。

 UniBridge 知財事務所は、このような実情をふまえて設立されました。「経営に役立つ知的財産マネジメント」「保有する知的財産から活用する知的財産へ」「産学連携を身近に」をキーワードにした事務所です。それぞれの企業や大学の実状に合わせた「オーダーメイドのサポート」を「必要なときに必要なだけ」提供し、知的財産マネジメントにおける3M(ムダ・ムリ・ムラ)の解消を支援いたします。

 知的財産を推進力として事業と組織の成長をサポートすること、それが弊所の使命です。

 まずはお気軽にご相談ください!

UniBridge 知財事務所

 代表・弁理士  坪内 寛